ヤマト運輸が2018年4月からTポイントサービス導入(CCC)

2017年12月26日11:57

ヤマト運輸と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、このほど両社サービスの相互連携を開始することに合意したと発表した。

今回の連携により、ヤマト運輸は、2018年4月から、Tポイントサービスを導入する。宅急便を利用する個人利用者は、荷物の発送や梱包資材の購入時に、Tポイントを貯めたり、貯めたTポイントを使用することができるようになる。2018年夏ごろからは、クロネコメンバーズの利用者を対象に、オリジナルグッズとの交換も開始する予定だ。また、クロネコメンバーズのサービスの利用時にもTポイントを貯められるようにする。

今後は、「PUDO」の利用など、新たな宅急便受け取りサービスの体験キャンペーンなどにもTポイントを活用していく予定だ。

一方、CCCでは、柏の葉 蔦屋書店、TSUTAYA 札幌琴似店、TSUTAYA 長居駅前店など、蔦屋書店およびTSUTAYAが運営する直営店舗の一部にPUDOを設置する。これにより、利用者がいつでも宅配便を受け取れるサービスを提供するとともに、TSUTAYAの店舗やオンラインサービスとPUDOとの連携をはじめ、PUDOを中心とした近隣店舗との地域密着型サービスを企画するという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop