11月12日まで「アイ・エム・プレス博物館」を開催(アイ・エム・プレス)

ズラリと並べられた月刊「アイ・エム・プレス」計175号。左は発行人の西村道子氏

2010年11月08日19:45

アイ・エム・プレスでは月刊「アイ・エム・プレス」の創刊15周年を記念し11月8日~12日まで、東京都文京区の聖台ビル4階で、期間限定の「アイ・エム・プレス博物館」を開設している。

月刊「アイ・エム・プレス」は1995年11月に創刊した。アイ・エム・プレス博物館では、創刊に先駆けて1995年9月に発行した “創刊準備号 ”から最新号までの計175号を一挙に展示。また、2003年に創刊した「CRM年鑑」、1999年に創刊した「コールセンター年鑑」など、同社発行書籍をすべて展示・販売している。

月刊「アイ・エム・プレス」の創刊準備号

月刊「アイ・エム・プレス」にはクレジットカード会社のCRM施策やポイントプログラムの動向などの特集が組まれていることも多い。また、「CRM年鑑」でもクレジットカードやポイントカードのカード会員情報を活用したCRM施策が数多く紹介されている。アイ・エム・プレス博物館は同社が発行した刊行物のバックナンバーを手にとって確認することができ、編集スタッフと意見交換を行うことも可能だ。

そのほか、会場では表紙イラストを手掛けるおじゃらりかさんの作品を展示・販売。トップインタビューなどの写真撮影を担当するカメラマン、太田敬二さんの作品も展示している。

「CRM年鑑」「コールセンター年鑑」などの年鑑も展示(左)。表紙イラストを手掛けるおじゃらりかさんの作品も展示・販売している(右)

月刊「アイ・エム・プレス」には、マーケティングの参考になる単行本を紹介する「書籍紹介」のコーナーがあるが、来場者には同コーナーに掲載した書籍の一部をプレゼントするなどの特典も用意している。

■「アイ・エム・プレス博物館」概要
開催期間:2010年11月8日(月)~12日(金) 16:00~18:00
開催場所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-3-6 聖台ビル4階

page toppagetop