「NFCリーダーライターSDK for Android」を提供(トッパンフォームズ)

SDKキットは「SDK本体」「NFCリーダーライター」「ドライバー」「テストカード(MIFARE、FeliCa各2枚)」「マニュアル」がセットになっており、開発用ボードコンピューターはアットマークテクノの「Armadillo-440」で動作可能。提供価格は1セット29万8,000円となる

2010年11月22日18:00

トッパンフォームズは11月22日、コネクトテクノロジーズ、アットマークテクノと提携し、Androidプラットフォーム用NFCソフトウエア開発キット「NFCリーダーライターSDK for Android」の提供を開始すると発表した。

今回の提携によりNFC(Near Field Communication:ISO/IEC18092)製品をAndroidプラットフォームに適用する際の開発環境の提供が可能となった。また、開発活動であるインテグレーション受託体制を構築したという。

具体的には、トッパンフォームズが提供するNFCリーダライタ製品をベースとして、そのソフトウェア製品(ドライバーやSDK)をアットマークテクノが提供する開発環境「Armadillo」シリーズ上で動作させることが可能だ。また、同環境での開発支援から受託開発までのインテグレーションサービスを、コネクトテクノロジーズが提供する。

トッパンフォームズでは、グローバル市場向けの携帯電話開発市場やその関連事業者を中心に、NFC関連ソリューションおよびサービスを提供する。同社では2011年度中にAndroid関連製品で5億円の売上を目指す。

page toppagetop