SNSでカードデザイン公募(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2010年12月21日9:00

ディスカバーカードは2009年12月、ソーシャルメディアを活用して学生カードのデザインを公募。その結果は2010年の2月に発表された。

特賞を獲得したのはRainna Langley女史で、カセットテープをモチーフにしたデザイン。賞金1,000ドルをもらった。2位は宇宙をテーマにしたLauren Snyder女史で、賞金額は500ドル。3位は紙幣をテーマにしたカードで、John Bell氏が250ドルをもらった。

最初ディスカバーカードのFacebookでオリジナルのデザインをシェア。Facebook上のwidgetで簡単にお気に入りのデザインを貼付けられるようにした。

ついでディスカバーカードのファンやビジターによる投票。ソーシャルメディアコンテストでは6,700件のカードデザインが応募されたが、投票総数は20万件を超えた。

そのなかから選ばれたカセットテープをテーマにした学生カード。いまではディスカバーカードの商品ラインアップにしっかりと名を連ねている。

年会費は無料。最初の6カ月間は金利無料で、その後12.99%から19.99%のリボルビング金利がかかる。キャッシュバックは5%から20%と魅力的。

ソーシャルメディアを活用したコンテストは、顧客を巻込めるので効果がある。実際にバーチャル利用というテストもできる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop