ガンダムのオリジナルカード「GUNDAM VISA CARD」が登場(三井住友カード)

2010年12月17日15:19

三井住友カードは12月17日、アニメ「機動戦士ガンダム」のオリジナルカード「GUNDAM VISA CARD(ガンダムVISAカード)」を新たに発行し、12月20日から募集を開始すると発表した。同カードの年会費は3,150円(含む消費税等)で国際ブランドはVisaを付帯。

ガンダムシリーズのメカニックデザインを手がける大河原邦男氏が同カードのために描きおろしたオリジナルデザインのカードフェース

「ガンダム」シリーズは1979年のアニメ放映以来、現実感のある設定・ストーリー展開、奥深い登場人物で多くの若者の人気を博し、多岐にわたる作品群や関連商品へと展開された。放映開始から30年以上経った現在も幅広い年齢層のファンに支持されており、特に30代・40代の男性には根強い人気を誇るという。また、ガンダム関連商品の中でも、ガンプラ(=ガンダムのプラモデル)は、1980年の発売以来、累計販売数4億個を超えるプラモデル史上最大のヒットシリーズとなっている。

今回、三井住友カードが新たに発行する「GUNDAM VISA CARD」は、大河原邦男氏描き下ろしのオリジナルデザインのカード券面と、オリジナル特典が最大の特長だ。また、今年はガンプラ生誕30周年という記念の年に当たるため、三井住友カードでは同カード発行開始に合わせ、他では手に入らない「GUNDAM VISA CARD」オリジナルガンプラを制作し、カード入会特典としてプレゼントする。

page toppagetop