「提携クレジットカード」の新潮流

2011年1月27日7:00

「提携クレジットカードの新潮流」

クレジットカード会社では、量から質への転換を掲げ、利用率の低い提携カードの整理を行っている。その一方で、新たな提携カードを発行したり、特定のカードに注力して展開する動きも目立つ。そこで各業種の「提携クレジットカード」を取り上げ、最新の動向を紹介する。

事例9 「エディオンカード」

幅広い年齢層から支持を受ける「エディオンカード」
年間1,029円で5年間・10年間の長期修理保証
~オリエントコーポレーション(1)

プロバイダ料金の決済などで
メインカード化を促進
~オリエントコーポレーション(2)

事例8 「F&M MMCカード」

経費処理の時間と手間を削減する「F&M MMCカード」
個人事業主のメインカードを目指す
~三井住友カード「F&M MMCカード」(1)

経費は自動的に収支計算
エフアンドエムの作業も効率化
~三井住友カード「F&M MMCカード」(2)

事例7 「ANA アメリカン・エキスプレス・カード」

マイルが早く、大きく貯まる「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」
日々のショッピングから旅行まで幅広くサポート
~アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.「ANA アメリカン・エキスプレス・カード」(1)

積極的なPRを実施
カードフェースのデザインも好評
~アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.「ANA アメリカン・エキスプレス・カード」(2)

事例6 「ENEOSカード(C・P・S)」

全国1万2,000箇所のENEOSで利用できる「ENEOSカード(C・P・S)」
顧客のライフスタイルにあわせて選べる3タイプのカードを発行
~JX日鉱日石エネルギー「ENEOSカード(C・P・S)」(1)

ENEOSカード Sは給油の利用が中心
ENEOSカードPとCは給油に加え、一般のショッピングでも利用
~JX日鉱日石エネルギー「ENEOSカード(C・P・S)」(2)

事例5 「E-NEXCO pass」

ETC走行やSA・PAの利用で貯めたポイントを全国の高速料金で使用
ポイントキャンペーンや外部施設との連携で利用単価、稼働率アップを狙う
~東日本高速道路「E-NEXCO pass」(1)

「ドラぷら」で積極的に会員を募集
インターネットショッピングにも力を入れる
~東日本高速道路「E-NEXCO pass」(2)

事例4 「ディズニー★JCBカード」

6種類の選べるカードフェースが会員に人気
特典やサービスが充実した「ディズニー★JCBカード」
~ジェーシービー「ディズニー★JCBカード」(1)

毎年の継続会員にはプレミアムグッズをプレゼント
稼働率や稼働単価はJCBの一般的なカードを上回る
~ジェーシービー「ディズニー★JCBカード」(2)

事例3 「ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」

「毎日、いつでも1%優待割引」をカード特典として付帯
「ウォルマートカード」でEDLP戦略を実感できるサービスを提供
~西友「ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」

事例2 「Ponta Premium Card」

クレジット機能付きのオリジナルPontaカードを発行
高還元率のポイント付与で利用者のメインカード化を目指す
~ジャックス「Ponta Premium Card」(1)

家族や友人10人までポイントを合算できる
6カ月で40万円のカード利用が目標
~ジャックス「Ponta Premium Card」(2)

事例1 「JTB旅カード」

旅のプロが考えた高付加価値なサービスを提供
稼働率、平均単価ともトップクラスの「JTB旅カード」
~ジェイティービー「JTB旅カード」(1)

JTB旅カード ゴールドの
平均利用額は年間200万を超える
~ジェイティービー「JTB旅カード」(2)

  ■ペイメントナビメールマガジン読者の方には一部先行配信を実施予定です(登録サイト)。

page toppagetop