「提携クレジットカード」の新潮流~ジェイティービー「JTB旅カード」(1)

2011年2月2日8:00

「提携クレジットカード」の新潮流~ジェイティービー「JTB旅カード」(1)

旅のプロが考えた高付加価値なサービスを提供
稼働率、平均単価ともトップクラスの「JTB旅カード」

旅行業界最大手の株式会社ジェイティービー(JTB)では、旅する人の頼れるパートナーとして、旅行先や日常のショッピング利用によって数多くのポイントが貯まり、会員のトラベルライフをサポートするサービスを付帯した「JTB旅カード」を発行している。

キャッシュレスで傷害保険が受けられる

海外で日本語緊急電話サポートも実施

「JTB旅カード」(Visa/MasterCard)

ジェイティービー(JTB)では2009年4月から、ジェーシービー(JCB)、セディナと提携し、「JTB旅カード」の発行を行っている。ラインアップは年会費1,680円の「JTB旅カード」(Visa/MasterCard)、JALマイレージサービスとカーライフサポート機能を付帯した年会費2,100円の「JTB旅カードJMB」(JCB)、ゴールドカードが年会費1万5,750円の「JTB旅カードゴールド」(JCB)となっている。

開始から2年弱で会員数は35万人を突破。「早いうちに50万人を達成したい」とJTB旅カード推進本部営業企画部マネージャー 藤岡茂一氏は自信を見せる。

「JTB旅カードJMB」(JCB)

トラベル&エンターテイメントとクレジットカード決済は親和性が高いこともあり、JTBでは古くからカード事業を展開していた。黎明期には単独イシュアとしてカードを発行し、その後JCB、三井住友カード、セントラルファイナンス(現セディナ)等と提携カードを発行した。「当時のカードは旅行時の傷害保険などの付帯サービスで、カード会社のプロパーカード同様のサービスを提供していたため、JTBとしての独自色があまりなかった。そのためお客様に魅力が伝わらず、終盤は会員増加が伸び悩む時期が続いた」と藤岡氏は話す。

そういった過去の経緯を踏まえ、JTBは2009年4月にJTBならではのサービスや特典を付帯したJTB旅カードの発行に踏み切った。

「例えば、JTB旅カードに付帯する旅行傷害保険はJTBグループのジェイアイ傷害火災保険がサービスを提供しています。海外300カ所以上の提携病院で旅行者が治療費などを一切立て替える必要はなく、キャッシュレスで診察を受けることが可能です。また、海外55都市にあるJTBのデスクにおいて各種トラベルサービスを幅広く提供。さらに、万が一のトラブルの場合には、世界28カ国からフリーダイヤルにて24時間の日本語による緊急電話サポートを備えています。その他にも会員専用ホームページにおいて旅行先観光情報の提供など、旅行者の役に立つサービスを多数用意しています。これらはいずれもJTBグループのネットワークを活用した唯一無二のサービスです」(藤岡氏)

ポイント付与率の高さが特徴

1回の旅行で多くのポイントが貯まる

JTB旅カード推進本部営業企画部マネージャー 藤岡茂一氏

それに加え、JTB旅カードならではの特徴として藤岡氏は「ポイントの付与率の高さ」を挙げる。同カードではカードのショッピング利用額(決済額)に応じてJTB旅カードゴールドでは1.5%、一般カードでは1%の「JTBトラベルポイント」が付与される。さらにJTBグループ販売店での対象旅行商品の購入金額に対してそれぞれ0.5%が加算して貯まり、貯まったポイントは1000ポイント単位で1ポイント=1円相当で旅行代金の支払いに使用することができる。

「旅行商品は比較的単価が高いため、1回の利用でもたくさんのポイントが貯まります。旅行好きな方にとって次の旅を実現するトラベルポイントが貯まることは、航空会社のマイレージと同様に非常に魅力的なのだと思います。付け加えるならば、移動手段が限られてしまう航空マイレージと比べてJTB旅カードはJTB店頭の豊富な旅行と交換できますし、最小利用単位が1000ポイント~と低いこともお客様からご支持をいただける理由だと思います。実際に航空会社のマイレージからJTBトラベルポイントに移行されるお客様が多数いらっしゃいます」(藤岡氏)

⇒⇒⇒「提携クレジットカード」の新潮流~ジェイティービー「JTB旅カード」(2)へ

■特集トップへ

page toppagetop