ギフトカード交換サイト急成長(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2011年2月9日9:00

米国でギフトカード市場が拡大するなか、ギフトカードの交換サイトも急成長している。

消費者はもらったギフトカードをほかのギフトカードに交換したり、販売したりという習慣が根付いてきたようだ。

ギフトカード交換サイトのプラスチックジャングル(Plastic Jungle)によると、2010年のホリデーシーズンには2009年比6倍の売上があったという。登録会員は約2倍だ。
特定のショップだけで使えるハウスギフトカードのチャージ額は900億ドル。そのうち300億ドルはもらったまま眠っているという。

プラスチックジャングルはそれを額面の92%で買取る。自分の好きなカードを購入する場合は30%の節約になる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop