「提携クレジットカード」の新潮流~「ディズニー★JCBカード」(1)

2011年2月8日7:50

「提携クレジットカード」の新潮流~ウォルト・ディズニー・ジャパン/ジェーシービー「ディズニー★JCBカード」(1)

6種類の選べるカードフェースが会員に人気
特典やサービスが充実した「ディズニー★JCBカード」

「ディズニー★JCBカード」は、ウォルト・ディズニー・ジャパンの強みであるエンターテインメントビジネスと、T&E(トラベル&エンターテインメント)カードを展開してきたジェーシービー(JCB)のノウハウを活用した国内初のディズニーブランドのクレジットカードである。ディズニーならではの夢のある特典やサービスを充実させた同カードは、JCBの提携カードの中でも戦略商品として位置付けられている。

ケータイからの入会も好調

ミッキー&ミニーデザインの枚数限定カードも発行

「ディズニー★JCBカード」の一般カード。「ミッキーマウス(レッド)」(左上)、「スティッチ」(右上)、「ミッキーマウス(ブラック)」(左下)、「ティンカー・ベル」(右下) 「(C)Disney」

ジェーシービー(JCB)では、2008年7月にウォルト・ディズニー・ジャパン(ウォルト・ディズニー)とマーケティング・アライアンス契約を締結し、ディズニーの有するさまざまなキャラクターやコンテンツをJCBの決済ビジネスにおけるマーケティングに活用している。2008年11月18日からは「ディズニー★JCBカード」の発行も開始した。現状、ウォルト・ディズニーと提携しているクレジットカードは、JCBが発行する「ディズニー★JCBカード」のみであり、カードブランドもJCBのみとなっている。

JCBでは同カードを戦略商品と位置付け、「枚数は順調に伸びており、カードの稼働率も非常に高いです」とジェーシービー イシュイング本部 リテール営業部 提携カードグループ 主任 近藤貴子氏は成果を語る。

同カードの入会案内は東京ディズニーランド(R)、東京ディズニーシー(R)のパーク内や関連施設での告知のほか、ディズニーストアにもカウンターを設置、Web入会についても積極的に推進し、2010年11月4日からはモバイルでの入会もスタートしている。

「ウォルト・ディズニーは携帯ビジネスも積極的に行っているため、モバイル入会との親和性も非常に高く、入会率は高まっています」(近藤氏)

「ディズニー★JCBカード」のゴールドカード。「ミッキーマウス(ゴールド)」(左)、「シンデレラ城」(右) 「(C)Disney」

同カードの特徴として、まずディズニーのキャラクターをあしらった6種類のカードデザインのなかから好きなカードを選べる点が挙げられる。

「ディズニー★JCBカードでは、一般カードが4種類、ゴールドカードが2種類のカードフェースのなかから、お客様の趣味、嗜好に合わせてカードフェースを選ぶことが可能です」(近藤氏)

ミッキーマウスとミニーマウス(上)、スティッチ(下)をデザインしたカードを限定で発行 「(C)Disney」

同社では6種類のカード以外にも、2009年は幅広い世代に人気のスティッチをデザインしたカードを2,000枚、2010年はミッキーマウスとミニーマウスをデザインしたカードを2,500枚、それぞれミッキーマウスのスクリーンデビューである11月18日より募集を行った。

「ミッキーマウスとミニーマウスのデザインカードは大変好評で、すでに既定の枚数に達したため、申し込みを終了しています」(近藤氏)

ディズニーの仲間たちと触れ合える

「キャラクターグリーティング」も人気

カードフェース以外にも、ディズニー★JCBカードは、ディズニーならではの特典やサービス内容が充実している。同カードは、一般カードが200円につき1ポイント、ゴールドカードが100円につき1ポイントの付与を実施。貯めたポイントは東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、全国のディズニーストアなどで利用可能だ。

また、カード入会後、会員専用Webサイトの「ディズニー・カードクラブ」に登録すると、ディズニー映画招待や東京ディズニーリゾート(R)での会員限定イベント参加などのメンバー特典が受けられる。さらに、抽選で東京ディズニーシーのパーク内でキャラクターなどと記念写真を撮り、フォトフレームに入った写真をプレゼントする「キャラクターグリーティング」も定期的に開催し、会員に喜ばれている。

⇒⇒⇒「提携クレジットカード」の新潮流~ウォルト・ディズニー・ジャパン/ジェーシービー「ディズニー★JCBカード」(2)へ

■特集トップへ

page toppagetop