2011年1月度の割賦販売統計を発表(CIC)

2011年2月14日11:02

割賦販売法に基づく指定信用情報機関であるシー・アイ・シー(CIC)は2011年2月10日、2011年1月度における割賦販売統計をとりまとめた。

これによると、2011年1月20日時点におけるクレジットカードの「包括クレジット登録情報」は、件数で1億7,405万件、人数で7,890万人となった。このうち、割賦残債額がある包括クレジット登録情報件数は2,514万件、人数は1,971 万人となっている。一方、ショッピングクレジットなどの「個別クレジット登録情報」は、件数で5,543万件、人数で4,214万人で、割賦残債額がある個別クレジット登録情報件数は4,898 万件、人数は3,849 万人となっている。なお、「一人当たりの割賦残債額有り件数」は包括クレジット・個別クレジット共に1.3件となった。

「割賦残債額の合計額」は、12兆5,214億円となり、このうち、包括クレジット割賦残債額が2兆9,428億円、個別クレジット割賦残債額は9兆5,785億円となっている。「一契約当たりの割賦残債額」は17万円。割賦販売法で定められた支払可能見込額を算定するための「年間請求予定額(年間支払見込額)」については、6兆1,159億円となり、このうち包括クレジットが2兆1,826億円、個別クレジットは3兆9,333億円となっている。個別クレジット契約における「登録商品・役務の件数」は、4,896万件。

なお、1月度における、加入クレジット業者からCICへの照会件数は702万件となっている。

page toppagetop