「提携クレジットカード」の新潮流~「ENEOSカード(C・P・S)」(1)

2011年2月16日7:50

「提携クレジットカード」の新潮流~JX日鉱日石エネルギー「ENEOSカード(C・P・S)」(1)

全国1万2,000箇所のENEOSで利用できる「ENEOSカード(C・P・S)」
顧客のライフスタイルにあわせて選べる3タイプのカードを発行

新日本石油とジャパンエナジーが経営統合して誕生したJX日鉱日石エネルギーでは、2010年10月よりトヨタファイナンスと提携し、全国1万2,000箇所の系列サービスステーション(SS)で利用できる3タイプの「ENEOSカード(C・P・S)」の発行を開始している。顧客のライフスタイルにあわせて選べる新しいENEOSカードについて話を聞いた。

ENEOSとJOMOの統合を機に

顧客のライフスタイルにあわせて選べる新カードを発行

上から「ENEOS CARD C」、「ENEOS CARD P」、「ENEOS CARD S」

JX日鉱日石エネルギーでは、これまで新日鉱ホールディングス傘下のジャパンエナジーでトヨタファイナンスと提携した「JOMOカードプラス」(累計47.4万枚)、「JOMOカードライト」(累計74.6万枚)を、新日本石油で三菱UFJニコスと提携した「ENEOSカード(ニコス)」(累計294.7万枚)を発行していたが、2010年7月にJX日鉱日石エネルギーが誕生・ENEOSブランドへ統一されることに伴い、新しいENEOSカードを発行することになった。

「これまで両社が発行していたカードに加え、お客様のニーズに沿ってライフスタイルにあわせて選べる3タイプのカードを発行することになりました(*)」(JX日鉱日石エネルギー小売販売本部 リテールサポートグループ 担当マネージャー 粕谷直樹氏)

なお、従来の「ENEOSカード(ニコス)」、「JOMOカードプラス」、「JOMOカードライト」については、有効期限まではそのまま継続利用が可能となっている。

*ENEOSカード(ニコス)は、2010年10月からの特典変更に伴い、旧特典のカードは発行を停止しています。JOMOカードは2010年9月末をもって新規発行を停止しています。

最大7円/LまでキャッシュバックするC、利用金額に応じて貯まるポイントが魅力のP

ガソリン・軽油がいつでも2円/L引きで年1回のカード利用で年会費が無料になるS

新カードは、毎月の利用金額に応じて、ガソリン・軽油代を最大7円/Lまでキャッシュバックする「ENEOSカード C(キャッシュバック)」(年会費初年度無料、次年度以降1,312円)、カードを使えば使うほどポイントが貯まり、ENEOSなら最大3%ポイント還元の「ENEOSカード P(ポイント)」(年会費初年度無料、次年度以降1,312円)、ガソリン・軽油代はいつでも2円/L引きでショッピングでポイントが貯まる「ENEOSカード S(スタンダード)」(年会費初年度無料、次年度以降1,312円、※年1回のカード利用があれば次年度年会費無料)の3タイプとなっている。

希望によってETCカード、モバイル決済推進協議会が推進するポストペイの「QUICPay」、家族カードを追加することが可能だ。さらにレッカー移動が10kmまで無料になり、路上における修理も30分以内は無料になるENEOSロードサービスも付帯している。

⇒⇒⇒「提携クレジットカード」の新潮流~JX日鉱日石エネルギー「ENEOSカード(C・P・S)」(2)へ

■特集トップへ

page toppagetop