「提携クレジットカード」の新潮流~「ANA アメリカン・エキスプレス・カード」(1)

2011年2月17日7:50

「提携クレジットカード」の新潮流~アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.
「ANA アメリカン・エキスプレス・カード」(1)

マイルが早く、多く貯まる「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」
日々のショッピングから旅行まで幅広くサポート

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(AMEX)では全日空(ANA)と提携し、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」を発行している。発行するのは年会費7,350円(税込)の一般カードと年会費3万2,550円(税込)のゴールド・カードの2種類。ボーナスマイルが貯まる入会特典も話題となり、当初の予想を上回る勢いで会員を獲得している。

貯めたポイントはANAのマイルに移行できる

無期限に貯められる点が差別化のポイント

「航空業界で代表的な存在であるANAは、これまで複数の提携カードを発行されていましたが、お客様の中で弊社との提携を待ち望まれる方は多かったです。『ANAアメリカン・エキスプレス・カード』はマイルが早く、大きく貯まる点が最大の特徴です」(アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 個人事業部門 マーケティング部 本部長 須藤靖洋氏)

左から、「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の一般カードとゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはANAの航空利用を含めANAグループの利用でポイントが一般カードで通常の1.5倍、ゴールド・カードで2倍付与されるほか、ショッピングや飲食など、日々の生活の中でクレジットカード決済を行うことでマイルを着実に貯めることができる。通常利用金額100円ごとに、ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワードのポイントが1ポイント貯まり、貯めたポイントは1,000ポイント(=1,000マイル)単位でANAのマイルに移行可能だ。

一般カードの場合は参加費6,300円(税込/年間・自動更新)の「ポイント移行コース」への登録が必要だが、登録期間中はポイントの有効期限がないため、「お客様が希望するポイント数まで貯めてから、マイルに移行することが可能です。ここは他社が航空会社と提携して発行するカードとの一番の差別化のポイントです」と須藤氏は自信を見せる。他社の場合は、ほとんどがカードを利用すると自動的にポイントがマイルに移行するため、航空会社のマイルの有効期限が切れると利用できなくなるが、同カードならばその心配はない。現在、ANAアメリカン・エキスプレス・カード会員の多くはポイントをマイルに移行している。

■「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」一般カード申し込みサイト

■「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」ゴールドカード申し込みサイト

⇒⇒⇒「提携クレジットカード」の新潮流~アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.「ANA アメリカン・エキスプレス・カード」(2)へ

■特集トップへ

page toppagetop