ロンドンタクシーの広告&決済(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2011年2月22日9:00

POSメーカーのベリフォン(VeriFone)は、ロンドンタクシーにデジタル広告つきのカード決済端末を提供すると発表した。

2010年12月にパイロットプログラムとしてスタートしたが、いよいよ本格展開することになった。

タクシー端末は、通常のクレジットカードやデビットカードに加え、非接触カードにも対応。デジタル広告を流すスクリーンもついている。

そこで流す番組配信もベリフォンでスタート。有名ブロードキャスターや広告主と契約している。リアルタイムメディアが特徴だ。

ベリフォンはタクシー端末を設置するだけでなく、清算業務も実施。タクシー運転手との清算は1週間に3回の頻度でおこなわれる。

ベリフォンのタクシー決済システムは、ニューヨークで実証済み。現在決済システムはニューヨークカブの50%に採用され、デジタル広告は90%に導入されている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop