医療・ヘルスケアの販売分野において共同取組で合意(伊藤忠商事/アメックス)

2011年3月1日7:00

伊藤忠商事とアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(アメリカン・エキスプレス)は2011年2月28日、医療・ヘルスケアの販売分野において共同取組を行うことで合意したと発表した。

今回の共同取組により、伊藤忠商事は医療機器・材料などの開業医師向け販売を強化し、アメリカン・エキスプレスは同機器・材料などの仕入れ・決済サービスを開業医師向けに拡大する。両社は伊藤忠商事が開業医師を対象に推進する「Clinic Innovationプロジェクト」において、医療機器・材料などの購入決済手段としてアメリカン・エキスプレスのビジネス・オーナー専用カードであるアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(ビジネス・カード)を開業医師に推奨し、同カードでの決済を積極的に促進することで連携する。

アメリカン・エキスプレスは、伊藤忠商事が推進するClinic Innovationプロジェクトに参加し、同プロジェクトショールーム(東京駅前)内にビジネス・カード会員を募集するための専用デスクを設置、2月26日からカード会員の募集を行う。伊藤忠商事は同プロジェクトショールームやECサイトなどを通じ販売する医療機器・材料などを今後拡充するという。ビジネス・カードの会員となる開業医師は、医療機器・材料などの仕入れ決済業務を効率化することができ、各社への支払手数料などの経費を削減することができる。もちろん、交通費や通信費、そのほかの諸経費の決済にも利用でき、医院経営における支出を一元管理できるメリットを受けられる。

さらに、同カードに付帯するプロテクションや経費管理に役立つカード利用の「四半期管理レポート」、宅配便など幅広い業種で料金割引を受けられる「ビジネス・セービング」などアメリカン・エキスプレス独自の特典を利用することにより、経費の見直しや削減だけではなく、医院経営の効率化を図ることができる。ビジネス・カードはすでに歯科医師や獣医師の間で医療機器・医療材料の仕入れをする際の決済手段として利用されており、今回の共同取組により幅広い業種の開業医師の間で利用が見込まれるという。

両社は今後、共同で開業医師のビジネス・カード会員数を伸ばす取り組みを継続し、同カードで決済可能な医療機器・材料などの品目数を同時に増やしていく。 また伊藤忠商事はClinic Innovationプロジェクトを通し、2012年末までに医療機器・材料などの販売で10億円の売上規模を目指す。

page toppagetop