クレジット申込みにも米景気回復のきざし(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2011年3月24日9:00

米国では景気回復が徐々に進むなか、消費者のクレジットカード回帰がはじまっている。

Cardbeat誌の調査によると、今年中にクレジットカードの新規申込みを考えている人が3人に1人いることがわかった。

米国では銀行の統合が進み、バンクオブアメリカ、チェイス、ウェルズファーゴの3行が米消費者40%のメイン口座になっている。

2011年1月の調査では回答者の47%がメインカードはメインバンク発行のものだと答えている。

メインバンクのマーケティングが推進されれば、特にヤングアダルトを中心にクレジットカード申込みが増えてくるだろう。

米経済は徐々に春を迎えつつある。そしてクレジット業界も。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop