インコムがギフト・プリペイドカードの陳列販売をPR(IC CARD WORLD)

2011年3月31日9:36

インコム・ジャパンはInteractive Communications International Inc.の100%子会社である。 InCommはプリペイド商品に関する各種ソリューションを提供すると同時に、プリペイド商品の流通を行っており、北米を中心に22万5,000箇所の販売網を構築し、トランザクションボリュームは1兆3,000億円となっている。

インコムのギフトカードモールのイメージ(IC CARD WORLD2011)

インコムのPOSA (Point of Sales Activation) 技術は、ギフトカード・プリペイドカードの販売や消費者への利便性に大きな変革をもたらしたという。同社の販売ネットワークは、大手総合小売業者、コンビニエンスストア、家電量販店など多岐にわたっている。小売業者はインコムと接続することでギフトカード・プリペイドカードの陳列販売が可能となる。またカード発行会社も大手小売店舗で自社カードの販売ができるようになる。

展示会場にはさまざまな種類のギフトカード・プリペイドカードがズラリと陳列され、注目を集めた。すでに国内でもセブン-イレブン、イオン、西友、ヨドバシカメラなどで採用実績がある。

上記のような流通大手で販売されることにより、ギフトカード・プリペイドカードが普及の兆しを見せている。

page toppagetop