Amexが携帯電話番号決済と提携(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2011年4月24日9:00

Amexはモバイル決済を推進するためペイフォン(Payfone)と提携した。ペイフォンは世界的なモバイル決済プロセッシングサービスを提供している。

Amexが展開するサーブ(Serve)とペイフォンを連携させ、携帯電話番号でオンラインショッピングができるようにする計画だ。通常はAmexのカード番号を入力して商品を購入するが、携帯電話で個人を特定するところが今回のポイントである。

Amexのサーブ(Serve)は、Amexの次世代決済をになうもの。個人間送金やモバイル決済、フィジカルショップでのカード決済、オンライン決済などひとつの口座で多様な決済ができる電子サイフだ。

このサーブ(Serve)をグローバルに展開するため、ペイフォンとの提携になった。ペイフォンは2008年創立のベンチャー。Amexやベライゾン投資、ブラックベリー投資などから出資を受入れている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop