タイムズプラスの定時間パックを定番メニューへ(マツダレンタカー/パーク24)

2011年4月21日12:41

マツダレンタカーとパーク24は、カーシェアリングサービス「タイムズプラス」のキャンペーンで導入している定時間パックを、2011年5月1日から定番のパックメニューへ変更すると発表した。

タイムズプラスでは2010年7月から、「サンキューキャンペーン」として「6時間」「12時間」「24時間」の長時間利用を定額料金で提供している。同サービスでは、国産車と同料金で輸入車の利用も可能であり、導入当初から多くのユーザーが利用しているという。同社では顧客からの定番メニュー化への要望も多いことから、今回定番のパックメニューに変更する。

5月1日からのパックメニュー料金は、6時間パックが3,900円、12時間パックが6,500円、24時間パックが8,000円となる。12時間と24時間のパックは距離料金として15円×走行キロが追加してかかる。

タイムズプラスは、利用者が車の予約をしてカーシェアリングステーションへ行き、車のリアガラスの右上部分のLEDライトにICカードをかざし、車両のドアを開錠する。その後、助手席の前のグローブボックス内にあるキーボックスから、車のキー取り出し運転を行う流れとなっている。

page toppagetop