MCSのタクシー向け決済端末で銀聯カード決済を2011年秋から開始(JCB)

2011年5月16日15:06

モバイル・コマース・ソリューション(MCS)とジェーシービー(JCB)は、2011年5月16日、MCSが展開するタクシー向けカード決済端末での銀聯カードの取り扱いを、2011年秋から開始することに合意したと発表した。これにより、MCSの端末を利用している全国のタクシー会社最大390社約9,200台で、銀聯カードでの決済が順次可能となる。タクシーでの銀聯カードの取り扱いは全国初になるという。

中国銀聯(China UnionPay Co.,Ltd)が発行する銀聯カードは、現在中国を中心に20億枚以上が発行されている。訪日中国人旅行客は、2010年7月の個人観光ビザ(査証)の発給要件緩和や、観光庁が実施するビジット・ジャパン事業のプロモーション効果により、今後も増加が見込まれている。また、旅行形態は、これまでの団体旅行から個人旅行へとシフトしている。両社によると移動の手段として自由度の高いタクシーは、中国人観光客の乗車が増加しており、銀聯カードでの決済ニーズが高まっているという。

MCSは、クレジットカード決済や各種ポイントカードへのポイント付与ができるモバイル端末を、日本全国のタクシーに納入している。今後は、すでにMCSの端末を利用しているタクシー会社に加え、銀聯カード決済のニーズが高いエリアで運行する他のタクシー会社に対しても、銀聯カード決済機能がある端末の導入を提案する。JCB は、2010 年9月に日本国内における銀聯カードの加盟店業務について中国銀聯と契約を締結し、加盟店などへの案内を行っている。同社では2014年3月末までに、銀聯カード導入加盟店数4万店を目標としている。

page toppagetop