「ドコモケータイ送金」に資金決済法を活用した口座機能を追加(NTTドコモ)

2011年5月20日0:43

NTTドコモは、2011年5月18日付けで資金移動業者として登録を受け、2011年5月27日9時から、「ドコモ ケータイ送金」のリニューアルを行い、送金資金を事前に預かったり、送金されたお金を受け取ることができる口座機能に対応した新たな送金サービスとして提供を開始すると発表した。

新「ドコモ ケータイ送金」サービスでは、送金資金を毎月の携帯電話料金と合算して支払う従来の上限額2万円の送金方法に加え、ドコモ口座に事前に入金することで、上限額20万円までの送金が可能となる。

これにより、飲み会代の精算など、小額の個人間送金だけでなく、より高額な仕送りやネットオークションの支払いなどにも活用することができる。また、受取り側にとっても、受け取ったお金をドコモ口座に一時的に貯めておくことができるため、従来のように受取りの都度、携帯電話料金への充当または銀行口座振込の方法を選択する必要がなくなるという。

すでにドコモ ケータイ送金は、個人間の送金のほか、ドコモチャリティ募金の送金手段としても活用されている。NTTドコモでは今後、口座の仕組みを活用した、企業から個人へのキャッシュバック送金などの利用も行う予定だ。そのほか、ネットショッピングでの支払いなども検討している。

page toppagetop