B2B用のバーチャルカードがモバイルで(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2011年7月16日9:00

企業がベンダーからオンラインで商品を購入するケースが増えている。コスト削減になるからだ。

米国政府は電子政府を標榜し、すでに購買調達の大半をオンライン化している。その流れが企業にも徐々に浸透してきているのだ。

米CSIは車両専用のフリートカードや企業の購買調達カードを発行しているが、7月からモバイル用のバーチャルカードを発行することになった。

このカードはクレジットカード。企業与信をベースにクレジット限度額を設定する。申込みはオンラインで完結とはいかない。

対応するのはiOS、Android、BlackBerryである。利用者はスマートフォンを使って企業からモバイル購入できるほか、すべてのトランザクションをモバイルで確認することができる。

特にタブレット型端末の普及がB2Bのバーチャルカードを拡大しているようだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop