米学生カード市場は縮小傾向(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2011年7月19日9:00

クレジットカード会社にとって大学生は有望な市場だった。将来の優良顧客に育成できるからである。

ところが米国では規制強化によって、学生カード市場がシュリンクしている。FRBの報告によると、2010年にカード会社が大学や同窓会などと契約した件数は4%ダウン。大学などに支払ったコミッションは13%のマイナスとなった。

2010年に施行された新クレジットカード法によって、カード会社が21歳以下の学生にカード発行する場合は、支払能力を証明させることが必要になった。

カード申込みに無料ギフトを配布したり、大学のキャンパス付近でカードを勧誘したりするをことも禁止されている。

これらの規制強化によって、2010年の学生や同窓生の新規入会件数は2009年比17%もダウンし、170万件になった。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop