Amexの新ソーシャルマーケティング(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2011年7月31日9:00

カード会員のFacebookの登録情報や利用状況をもとに、最適の特典を提供できないだろうか。

Facebookには、勤務先、出身校、好きなスポーツ、音楽、本、映画、テレビ、趣味などを基本データに登録している。友人の近況に対し「いいね!」やコメントをつけている。

これらを分析すれば、いま関心の高いことや好きなことがわかる。それに関連した特典を提示すれば、カード利用が促進されるはずだ。

たとえば、なでしこジャパンの優勝に「いいね!」をつけた人に対し、スポーツショップの割引特典を提示する。

Amexのカード会員はFacebookの「Link, Like, Love」コーナーから、カード情報を登録しておけば、パーソナルな特典を受けることができるのだ。

Facebookのプロファイル活用は、将来の購買を促進することになるのだろうか。やはり実際の購買データを活用したほうが精度の高いマーケティングになるのではないだろうか。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop