「JR東日本訪日旅行センター」で銀聯決済サービスを導入(JR東日本)

2011年7月26日19:48

JR東日本は、2011年8月1日から、「JR 東日本訪日旅行センター」で銀聯決済サービスを導入すると発表した。導入するのは、成田空港成田空港駅内の「成田空港訪日旅行センター」、空港第2ビル駅内の「空港第2ビル訪日旅行センター」、羽田空港東京モノレール線羽田空港国際線ビル駅内の「羽田空港訪日旅行センター」の計3箇所。

銀聯カードで購入できる商品は、JR東日本全線の新幹線を含む特急列車、急行列車、普通列車が乗り降り自由となる「JR EAST PASS」、オリジナルSuicaと成田エクスプレス号(N’EX)の乗車券・特急券をセットにした「Suica&N’EX」、オリジナルSuicaと東京モノレール割引乗車券をセットにした「Suica&Monorail」となる。

JR東日本では、中国人個人観光ビザの発給条件の緩和により、鉄道による旅行を楽しむ個人観光客は今後増えていくと想定している。同社では銀聯決済サービスの導入により、中国人訪日観光客のより一層の利便性向上を図る。

page toppagetop