HSBCがCap1にカードビジネス売却(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2011年8月23日9:00

業績はやや好転したとはいうものの、ビジネスの戦略的見直しを急いでいたHSBCのは、米国のカードビジネスユニットとリテールサービスをキャピタルワンに売却することで合意した。

キャピタルワンがHSBCに支払う価格は327億ドル。これには26億ドルのプレミアムも含まれている。プレミアムは顧客ローン残高の8.75%だ。

売却するのは国際ブランドつきクレジットカード、ハウスカード、法人カードのポートフォリオとカードの運用部門である。

総残高は304億ドル。2011年上半期の税引前利益は10億ドル、税引後利益は6億ドルだった。2010年の税引後利益は13億ドルで、ほぼ同じペースで利益を確保できる状態ではあった。

キャピタルワンはHSBCのカードビジネスユニットをポートフォリオに加えることにより、米国でのシェアを拡大し、利益を押しあげることができると考えた。

トランザクションの完了は2012年上期中を予定している。久々の大型カードビジネスのM&Aで、米カードビジネス業界図が塗替えられる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop