DNPと共同でNFC対応の携帯電話を用いた実証実験を開始(ジャックス)

2011年9月21日12:10

ジャックスは、大日本印刷(DNP)と共同でNFC対応の携帯電話を用いて、国際標準規格ISO/IEC14443 TypeA/Bに準拠した非接触型IC技術に関する実証実験を、2011年9月22日から開始すると発表した。

NFC対応の携帯電話・スマートフォンでは、クレジットカードや電子マネーなどの決済サービス、海外の交通機関やIC運転免許証など公的証明書との連携、チケットサービスやICタグを内蔵したポスターにかざすことによる情報取得など、複数のサービスが1台の携帯電話・スマートフォンで利用可能とされている。

ジャックスは、2006年11月から、MasterCardの非接触型IC決済サービスMasterCard PayPassを福井県のスーパーマーケットPLANTとの提携により、パイロットリリースしている。今回の実証実験では、KDDIが昨年度に実証実験で開発したNFC対応携帯電話を活用し、MasterCard PayPassアプリをUIMカード上に搭載して、本番環境における処理動作の検証および利用面・運用面の検証を行う。DNPはNFC対応携帯電話に搭載するアプリへのデータ書き込みを行うPayPassパーソナライズシステムを提供するという。

⇒⇒⇒詳細記事(21)ジャックスがDNPと共同でNFC対応の携帯電話を用いた実証実験を開始(上)

⇒⇒⇒詳細記事(21)ジャックスがDNPと共同でNFC対応の携帯電話を用いた実証実験を開始(下)

page toppagetop