三井住友カードが加盟店の販促支援としてプリペイドカード事業に参入

2011年10月12日8:00

三井住友カードが加盟店の販促支援としてプリペイドカード事業に参入
第一弾として「TULLY’S CARD」の発行を11月からスタート

三井住友カードは、タリーズコーヒージャパンと提携し、国内のタリーズコーヒー約430店舗で利用できる磁気式のプリペイドカード「TULLY’S CARD(タリーズカード)」の発行を2011年11月2日に開始する。カード会社が大手加盟店で利用できるプリペイドカードを発行するケースはこれまであまりなく、飲食店との提携は初となる。三井住友カードのプリペイドカード事業進出の経緯について話を聞いた。

「TULLY’S CARD」でリピーター確保と集計作業の効率化を実現

ドリンク購入ごとに10円の割引特典を実施

三井住友カードでは、従来から紙の商品券の第三者型発行を行っており、サーバ管理型のプリペイドカード事業への参入は数年前から検討していた。2010年4月には、資金決済法が施行され、プリペイドカード発行会社は、破綻時のリスクに備えて未使用残高の一部を発行保証金として保全するよう義務づけられた。同社は、資金移動業者に登録を行い、タリーズコーヒーに代わりプリペイドカードの発行者となることで、資金決済法で定める当局届出、発行保証金の供託などの対応を行う。発行者業務を三井住友カードが行うため、タリーズコーヒーは自社で発行するよりも大幅に事務負担を軽減することが可能になる。

国内のタリーズコーヒー約430店舗で利用できる磁気式のプリペイドカード「TULLY’S CARD」

参入第一弾としてタリーズコーヒーと提携して発行する「TULLY’S CARD」は、残高をサーバで管理するタイプのプリペイドカード。現金で繰り返しチャージすることができ、支払い時に小銭のやりとりが不要となる。入金金額は1,000円単位で残高上限は、2万円。入金方法は、店頭での現金支払いで再入金が可能だ。また、利用者はタリーズカードでのドリンク購入ごとに10円の割引特典を受けられるのが特徴となっている。

また、サーバ管理型は、顧客のIDを活用し、CRM活動に役立てることが可能となるため、顧客サービスの向上にも役立てることができる点も特徴となっている。

三井住友カードでは、提携カード発行先などに対し、ポイントカードシステムの支援も行っているが、事前に金額を入金するサーバ管理型のプリペイドカードは、「顧客の来店の動機づけとなり、ロイヤルカスタマーの育成に効果がある」と考えている。

TULLY’S CARDの有効期限は2年間となっており、失効したバリューは退蔵益となるが、同社では「退蔵益を期待してはいない。むしろ、使い切っていただくか、繰り返し利用していただくことが、タリーズコーヒーとの協業においては理想」と考えている。

クレジットカードのポイント交換景品としても展開

換算率は、同社が発行者とならない同様のプリペイド商品より優遇

三井住友カード 営業開発事業部 中井健悟氏

また、TULLY’S CARDは同社のクレジットカードのポイントプログラム「ワールドプレゼント」の交換景品として、11月2日からラインアップされる予定となっている。「ポイントの交換先として商品券へのニーズは高いため、お客様に喜ばれる人気商品になると期待しています」と三井住友カード 営業開発事業部 中井健悟氏は話す。同社では複数の商品券を交換景品としてラインアップしているが、「弊社が発行するプリペイドカードに関しては、他社発行の商品券に比べてポイント交換レートを優遇するなどのメリットを打ち出していきたい」(三井住友カード 営業開発事業部 佐々木丈也氏)としている。

「プリペイドカードビジネスの利益率は決して高いとは言えませんが、TULLY’S CARDのように現金の置き換わりとして発行する明確なコンセプトがあれば、それなりの収益は見込めると試算しています」(中井氏)

プリペイド導入を機にクレジット/電子マネー導入につなげる

「総合決済ソリューション」の1つとして提案へ

三井住友カードとしては、プリペイドカードの発行をベースに、システムを提供する加盟店との関係をさらに深めていくことも考えている。

例えば、プリペイドカードの発行を通じて、カード会員を送客することはもちろん、クレジットカードや電子マネーの加盟店になってもらうことも提案していきたいとしている。特にカフェはレジスピードが求められるため、電子マネーの導入はメリットがあると考えているようだ。

「今後は、ギフトカードとしての贈呈用や、企業のインセンティブとして大量に配布するといった施策もクライアントからの要望があれば行っていく方針です。また、GMS、家電量販店、コンビニエンスストアなどに展開するギフト・プリペイドカードの他店舗販売についても検討していきたいです」(中井氏)

現在、複数の企業からプリペイドカード導入の反応があるようだ。手数料ベースのビジネスのため、収益的にはそれほど大きな目標を立てているわけではないが、加盟店との取引複合化を目指し「総合決済ソリューション」の1つとして、積極的に提案していく方針だ。

TULLY’S CARDの発行枚数については非公表だが、「タリーズコーヒー様により割引特典が付与されており利用するメリットが大きいこと、オフィスなどがある施設内に多くの店舗を構えておりリピーターが多いことから、多くのお客様にカードをご利用いただけると考えています」と中井氏は自信を見せている。

⇒⇒⇒特集トップへ

page toppagetop