関連グッズ販売により三陸鉄道の復旧を応援(クレディセゾン)

2011年10月27日19:58

クレディセゾンは、 東日本大震災で被害を受けた三陸鉄道の復旧に協力するため、セゾン・UCカード会員への同社関連グッズ販売等を2011年10月27日より行うと発表した。

三陸鉄道では、2011年3月11日に発生した東日本大震災により甚大な被害を受け、現在一部区間を除き運行ができない状態となっている。クレディセゾンでは、約2,500万人のセゾン・UCカード会員に対してオリジナルグッズの限定販売や寄付金支援を呼びかけ、三陸鉄道の復旧に協力する。

具体的な施策としては、盛~陸前赤崎の被災レールを三陸鉄道にてオブジェ風に作成し、そのうち、大・小各100個を セゾン・UCカード会員限定で抽選販売する。大・小一つずつシリアルナンバーがついた、レールを素材にしたオブジェとなっている。価格は、レール(大)が5万円、レール(小)が3万円となる。エントリー期間は、10月27日~11月15日で、同社Webサイト、Netアンサー・アットユーネット キャンペーンページより申し込むことが可能だ。

また、10月27日~2012年3月31日まで、三陸鉄道復旧のための支援金を1口1万円で募集する。支援した人の名前は、2012年4月復旧予定の北リアス線 陸中野田~野田玉川に敷設される枕木(約8,000本)に刻印されるという。また、支援した会員には後日、三陸鉄道より支援証明書が送られる。こちらも、同社Webサイト、Netアンサー・アットユーネット キャンペーンページより申し込みが行える。

セゾン・UCカードの永久不滅ポイントについては、10月27日~2012年3月31日まで、三陸鉄道が販売する「きっと芽が出るせんべいセット」と交換することが可能だ。クレディセゾンでは、交換一口につき200P(1,000円)を、三陸鉄道復旧のための支援金として寄付するという。

page toppagetop