フィリピン向け海外送金サービスの入金受付を開始(ファミリーマート)

2011年11月1日14:00

ファミリーマートとファミマ・ドット・コムは、決済代行事業者のソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)と業務提携し、SBPSがフィリピンの大手通信キャリアGlobal Telecomの100%子会社であるG-Xchange,Inc.(GXI)と提携して提供するフィリピン向け海外送金サービス「GCASH REMIT(ジーキャッシュレミット)」の入金受付を、2011年11月1日10時から、「Famiポート」が設置してある全国のファミリーマート店舗約8,600店で開始したと発表した。

ファミリーマートは、2011年1月からコンビニエンスストア初の取り組みとして、マルチメディア端末「Famiポート」が設置してある全国のファミリーマート店舗おいて、SBIレミットが提携する国際送金サービス大手、MoneyGram International,Inc.(マネーグラム)の国際送金サービスの入金受付を実施している。

今回、SBPSがサービスを提供するGCASH REMITは、日本国内から、フィリピンに送金をするユーザーを対象にしたサービスである。GCASH REMITを利用するためには、サービスサイトにて事前に会員登録をする必要がある。ファミリーマート店舗で入金受付をした金額は、GCASH REMITの「お客様専用ページ」に反映され、ユーザーはサービスサイトにて24時間365日送金申し込みを行うことができる。1回あたりの入金額は、1円~10万円で、送金手数料は1円~1万円が500円、1万1円~3万円が700円、3万1円からは1,350円となる。

なお、送金申し込みされた金額はペソに換算され、約10分後には現地のGCASH REMIT提携の現金払出拠点や受取人の電子マネー口座、銀行口座を通じて受け取ることが可能だ。

page toppagetop