EC決済における消費者の支払方法強化のために協業(インテル/MasterCard)

2011年11月16日16:17

インテル コーポレーションとMasterCard Incorporated(MasterCard)は、米国時間の2011年11月14日、より安全で便利なオンラインショッピングを実現する支払方法の開発に共同で取り組むため、複数年にわたる戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。

今回の協業により、MasterCardの支払処理および商取引に関するノウハウと、インテルのシリコン技術およびチップベースのセキュリティに関する強みの相乗効果が期待できるという。これにより、オンラインのMasterCard加盟店、ならびにUltrabookなどの次世代インテル搭載PCのユーザーに対し、シンプルで安全性の高い支払方法の選択肢を提供することが可能になる。

MasterCardとインテルは共同で、MasterCardの非接触決済PayPassやIntel Identity Protection Technology(IPT)など、多岐にわたる新しい支払いに関する技術の実用化に取り組んでいく。IPTの導入で、安全性の高い2要素認証とハードウェアベースでの不正アクセス防止策を実現することが可能だ。これにより、悪意のあるソフトウェアに対するオンラインセキュリティが向上する。また、IPTリーダを使えば、PayPassに対応したカードやタグ、スマートフォンをUltrabookにかざすだけで、オンラインショッピングの決済が可能になるという。

page toppagetop