四国420店舗で交通系電子マネー「ICOCA」サービスを開始(ローソン/JR西日本/JR四国)

2012年1月24日17:28

ローソンとJR西日本およびJR四国は、2012年2月7日から、徳島県・香川県・愛媛県・高知県のローソン420店舗(2011年12月末現在)で、「ICOCA電子マネー」のサービスを開始すると発表した。四国ではICOCAの導入に伴い、現在相互利用を行っているSuica、TOICA、SUGOCAの利用も可能となる。これに伴い、全国のローソン店舗で交通系電子マネーが利用できるようになった。

ローソンは、1台で複数の電子マネーに対応可能なマルチ端末を全店舗に導入し、電子マネーでの決済手段の多様化に取り組んでいる。同社では、2009年9月から、JR西日本エリア内(近畿、中国、北陸、三重県の一部)のローソンの全店舗(約2,700店舗)において、ICOCAのサービスを開始している。 なお、コンビニチェーンにおける四国での交通系電子マネー導入は、今回が初となる。

page toppagetop