ベルギーNFC暗礁に乗上げる(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2012年3月8日9:00

世界各国で携帯電話をつかったNFCプロジェクトが立ちあがっている。そんななか、ベルギーのNFCプロジェクトが暗礁に乗り上げてしまった。

昨年2月、ベルギーの携帯キャリアBelgacom、Mobistar(Orangeグループ)、Base(オランダKPNグループ)の3社は、ベルギーの金融機関を巻込んでジョイントベンチャーを立ちあげた。

目的は小額決済にも対応したNFCとSMS対応のモバイル決済を提供すること。2011年末までにスタートする予定だった。

しかし、お互いに協力すると述べていた当初の熱気は冷め、だれのプラットフォームを使うかでもめている。BelgacomのPingPingプラットフォームを使うという主張に対し、Mobistarは競合のプラットフォームを使うわけにはいかない、と首を縦にふらなかった。

呉越同舟のプロジェクトはいずこも同じで、むずかしい。時間がかかるし、最終的には最大手の意見に飲まれてしまいがちだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop