OrangeとVisaがMobile決済提携

2012年3月14日9:00

フランスの携帯キャリアOrangeはVisaのモバイルプリペイド口座を活用し、顧客サービスの拡充を推進することになった。

オレンジはOrange Moneyという独自モバイル決済をアフリカと中東で展開している。これを使えば、個人間送金のほか、請求支払いや支店窓口での入出金ができる。

このサービスを拡充するため、VisaのMobileプリペイドを導入することになった。これによって、世界中のVisa加盟店約3,000万カ所でモバイル決済ができるようになるとともに、ATMでの現金引出しも可能になる。

Visaモバイルプリペイドは2011年10月にスタート。セキュリティやインターオペラビリティが高い。Orangeの口座とVisaのプリペイド口座を連携することによって、サービスの向上を図った。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop