富士通の文書管理サービスにより大量イメージ文書の一元管理を実現(オリコ)

2012年3月15日17:00

オリエントコーポレーション(オリコ)は、富士通の文書管理サービス「DocuMAX(ドキュマックス)」を活用し、契約書や手続書類など約2億枚のイメージ文書の一元管理を行ったと発表した。富士通は、オリコにおける契約書受付センターなどの現場を見える化し業務改善の提案を行いながら、セキュアな環境のもとで大量イメージ文書の一括登録や削除が可能な文書管理サービス「DocuMAX」により既存システムを一元化した上で、データセンターで文書データ管理を行う。

イメージ文書保管の流れ(出典:オリコと富士通のプレスリリース)

これにより、オリコはイメージ文書の登録、保管、破棄までの管理業務の効率化を図るとともに、システム運用コストを約2割削減、セキュリティやICTにおける事業継続への取り組みを強化した。

今後、オリコと富士通は、文書管理の高度化をさらに追求し、文書管理を起点としたコスト構造改革を進めていく。

オリコは富士通とともに、さまざまな現場での文書管理業務を洗い出し、文書管理におけるライフサイクルの見える化を実現することにより、多種多様な文書の整理(保存義務有無、最適保存期間、管理などの設定)を行い、イメージ・紙文書(原本)の最適な管理方法を設定していく。また、富士通はこの文書管理サービスと連動させた大容量文書の管理をBPOサービスとして顧客に提供し、全体最適を提案するという。

page toppagetop