「ハウステンボスWAON」を発行し、銀聯カード決済も導入(ハウステンボス/イオン九州など)

2012年3月19日19:19

ハウステンボスとイオン九州およびイオンクレジットサービスは、長崎ハウステンボスの開業20周年を記念し、「ハウステンボスWAON」の発行および「銀聯カード」の取り扱いを開始すると発表した。

「ハウステンボスWAON」。ハウステンボス入場券購入のほか、ハウステンボス内の約250のレストラン・ショップ、ホテルで利用できる(ハウステンボス、イオン九州、イオンクレジットサービスのプレスリリース)

今回の3社の取り組みは、ハウステンボスが20周年を迎えるにあたり、顧客へのサービスレベルを向上させたいという思いから実現したという。ハウステンボスWAONの発行により、ハウステンボス内の買い物に電子マネーとして利用できるほか、スタンプラリーなどのイベントにも広く活用が可能となる。ハウステンボスWAONは、2012年4月1日からハウステンボスおよび九州エリアの総合スーパーの「イオン」などにおいて、1万枚限定で販売する。カードの発行手数料は1枚300円(税込)。

また、入場券の購入やハウステンボス内の約250のレストラン・ショップ、ホテルにて銀聯カードの取り扱いが可能となり、中国人観光客を含む顧客のさらなる利便性向上につながると考えている。

page toppagetop