キャッシュレスなど最新のIT技術を活用した顧客サービス改革を実施(太陽生命保険)

2012年3月27日17:42

太陽生命保険は、2012年3月21日から、最新のIT技術を活用し、契約加入手続きのペーパーレス化・キャッシュレス化およびテレビ電話による顧客相談や健康確認などを開始すると発表した。これにより、契約手続きを簡素化するとともに、スピーディーな保障の引受けを実現するという。

携帯端末(左上)、決済端末(右上)、デジタルペン(下)(出典:太陽生命、富士通、大日本印刷、日本アイ・ビー・エムのプレスリリース)

太陽生命では、営業職員が携行する携帯端末(タッチパネル式ノートパソコン)により、多種多様な契約手続きをその場で行えるようにする。同端末により、携帯端末を使用した手続きにより申し込み手続きの簡素化、キャッシュレスによる契約手続き、スピーディーな保障の引受けによる証券発行までの期間短縮が実現する。カード決済については、デビットカード・クレジットカードでの保険料の支払いが可能となる。また、決済端末により口座振替手続きも契約時に完結するという。

さらに、テレビ電話が搭載された携帯端末を使うことで、顧客の健康確認を行う場合でもその場で専門スタッフによる対応を行う。また、高度で専門的な相談や質問に対して、本社の専門スタッフが直接回答するという。

なお、最新のIT技術については、新携帯端末を富士通、デジタルペンを大日本印刷、休日システム基盤を日本アイ・ビー・エムが提供している。

page toppagetop