オンライン映画がオフラインを抜く(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2012年4月3日9:00

デジタル化の影響によって、映像メディアの購入チャネルが変わってきた。オフラインからオンラインに移行しているのだ。

いままで映画を見るといえば、DVDやブルーレイディスクを購入したり、レンタルしたりしていた。

米国でのオフライン売上げは2011年、26億ドル。いっぽう、オンラインの取扱高は14億ドルだった。オフラインはオンラインの2倍弱だ。

それが、2012年には逆転する、と調査会社のIHS iSuppliが予測した。オンラインは34億ドル、オフラインは24億ドルになるという。

2007年から2011年にかけて、ホームエンタテインメント市場は年率40%の成長率で伸びている。にもかかわらず、フィジカルな映像メディアでの販売は減少しているのだ。

音楽がCDからデジタルメディアでの販売になったように、映画も同様の運命をたどっている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop