インコムのPOSA技術を活用したプリペイドカードを「METRO’S」で販売(東京メトロ/メトロコマース)

2012年4月10日14:20

東京メトロとメトロコマースは、2012年4月11日から、インコム・ジャパンのPOSA技術(InComm’s Fast Card Point of Sales Activation)を活用したプリペイドカードを、東京メトロ駅売店「METRO’S」20店にて販売開始すると発表した。

取扱商品は、Appleの「iTunes Card」、グリーの「GREEコインプリペイドカード」、ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション ネットワーク カード」、任天堂の「ニンテンドープリペイドカード」となる。

東京メトロでは、スマートフォンをはじめとする各種携帯端末の普及とともに、駅構内におけるネットワーク環境を整備・提供してきた。メトロコマースではそのような環境の中で利用者がより手軽に音楽やゲーム、アプリケーションが楽しめる手段としてPOSA版プリペイドカードに着目し検討を重ねてきた。

今回の導入にあたっては、POSA版プリペイドカードの販売に特化し、スピーディーな接客が求められるオペレーションにも対応できるシンプルな操作性を備えた専用端末によるソリューションを開発したという。その結果、大規模なシステム改修なくPOSA版プリペイドカードの販売を可能にしている。

※iPhone、iPad、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。

page toppagetop