クレジットカードによる本格的な学費決済サービスを開始(学校法人ヴィアトール学園)

2012年4月13日17:08

洛星中学校・洛星高等学校を経営する学校法人ヴィアトール学園は、三井住友カードとクレジットカード決済について契約を締結し、フューチャーコマースが提供する仕組みを採用し、2012年度より、洛星中学校・高等学校の学費のクレジットカード決済の受付をインターネット上で開始すると発表した。Visa、MasterCardの国際ブランドが付いたすべてのクレジットカードによる学費決済の本格展開は、日本の学校法人では初の取り組みとなる。

これまで洛星中学校・高等学校では、学費の支払手段として銀行口座からの自動振替のみを受け付けていたが、すでに導入を実施している同校入学費用のクレジットカード決済の利用状況などにより、教育関連支出に対する保護者からのクレジットカード利用ニーズは高いと判断し、今回学費への導入を行うこととなった。今後、学費の支払いにおいて手続者は、クレジットカード決済か銀行口座からの自動振替かを選択できる。

さらに洛星中学校・高等学校は、三井住友カードとの連携を強化し、学費のクレジットカード決済において分割払いの取り扱いも開始。分割払いは、今後入学費用のクレジットカード決済にも拡大する予定だ。

クレジットカード決済の受付方法としては、フューチャーコマースの「F-REGI 払込支払い」の仕組みを採用。手続者は洛星中学校・高等学校のホームページより案内される専用の学費用払込画面にアクセスし、F-REGI 払込支払いのシステム内で時間・場所を問わずクレジットカード決済を行うことが可能だ。

また、洛星中学校・高等学校では、インターネットを介したクレジットカード決済を受験料や同校が募集している寄附金へも拡充させることを予定している。

page toppagetop