Chase1Q加盟店ビジネス好調(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2012年4月25日9:00

JPモルガンチェイスが第1四半期の実績を発表した。カードサービス部門の最終利益は12億ドルで、前年同期比で23%マイナスとなった。収益は47億ドルで前年同期とほぼ同じ。

利益が減ったのは、貸倒引当金を厚めに積んだからだ。クレジットカードの貸倒率は4.37%と前年同期の6.81%から改善している。30日以上延滞は2.55%で、これも前年同期の2.81%とくらべればよくなっている。

クレジットカードの取扱高は前年同期比12%アップして869億ドルになった。日本のクレジットカードは4%前後の伸びだから、チェイスは好調だ。新規顧客数は170万件だった。

加盟店ビジネスは相変わらず絶好調である。前年同期比22%アップして1,528億ドルになった。トランザクション件数も21%アップして68億件になった。

クレジット、デビット、プリペイドとカード種別が増え、現金や小切手に取って代わっているからである。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop