2020年モバイル決済が現金を抜く(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2012年4月30日9:00

米国のモバイル決済業界の経営陣と、大学の有識者を対象にした調査結果が発表された。テーマは「マネーの将来」だ。

「2020年、あなたのサイフはなに?」という質問に対し、以下のような回答結果がでた。

回答者の65%は、ほとんどの消費者はショッピングにスマートフォンを利用、現金やクレジットカード(プラスチックカード)はほぼ消滅している、と回答した。

スマートフォンとそのアプリケーションにたいする信頼度はあがり、インターネットとインストアでの決済に利用するようになると予測する。特に先進国ではこの傾向が顕著となる。

逆にNFC搭載のスマートフォン利用は信頼できない、と回答した人は33%いた。2020年までに決済手段に大きな変化はないとしている。特にセキュリティに危惧を抱いている人が多い。残り2%は未回答だった。

はたして2020年の予測やいかに。ボクはもちろんモバイル派だよ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop