AmexがISISのウォレットに乗る(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2012年5月25日9:00

Googleウォレットが提携したブランドはMasterCardだった。そのGoogleウォレットと熾烈な競争を繰広げているのがISISである。

ISISは米大手キャリア3社のジョイントベンチャー。この下期にはユタ州ソルトレークシティと、テキサス州オースチンでNFC非接触決済の実証実験をする予定になっている。

このISISプロジェクトにAmexが乗ることになった。ISISが提供するのはプラットフォーム。その上で、カードブランドは自由にサービスを提供できる。

Amexの米カード会員とスモールビジネス会員、そして独自のプリペイドをベースにしたモバイル会員サーブ(Serve)は、ISISのNFC非接触決済が利用できるようになる。

Amexは昨年ISISのモバイルコマースプラットフォームに参加を表明していた。実証実験に積極的にかかわることによって、Amex会員のNFC非接触決済体験をいちはやく実現しようという狙いだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop