スマートフォンで進化する決済の最新動向

2012年5月22日8:00

スマートフォンで進化する決済の最新動向

現在、国内では、NTTデータ、ゼウス、日本ポステック、フライトシステムコンサルティング、ロイヤルゲートなどがスマートフォン決済ソリューションを提供している。また、国内の主要なカード会社も新たな加盟店開拓のツールとして期待しているところは多い。

すでに宅配業務、訪問販売員などの代金回収用途、旅行会社、ホテル、飲食店、アパレルショップ、短期のイベントなどでスマートフォン決済ソリューションが採用されている。また、三井住友カードでは、ジェイティービー(JTB)の訪問販売用モバイル決済端末としてスマートフォンを用いたクレジットカード決済ソリューションの実証実験を行っている。

2012年5月9日には、ソフトバンクとPayPalが、日本でデジタル決済を推進する合弁会社「PayPal Japan」を設立する計画を発表した。現在、国内のクレジットカードの導入店舗は、95万店舗程度であり、335万店舗が未導入の状態となっているが、同社の参入により、中小の加盟店も導入の障壁がなくなる可能性を秘めている。

手持ちのスマートフォンを利用することにより、加盟店にとっては、どのようなメリットがあるのだろうか?また、セキュリティ面は担保できるのだろうか?今回のフォーカスでは、先行してシステムを提供する企業の取り組みなどを取り上げる。

■事例1

「PayPal Here」をキーにソフトバンクグループ全体でO2Oに取り組む
オンラインから店舗への送客、決済までワンストップで提供へ
~PayPal Japan

■事例2

三菱UFJニコスと協力しiPhoneやiPadに対応した決済ソリューションを展開
技術面、運用面の優位点を武器に国内屈指の実績を築く
~フライトシステムコンサルティング

■事例3

スマートフォン・タブレット端末を利用したクラウド型の決済サービスを開発
「PastelPort Plus」により技術革新をサポートし、新たな小売の形を提案
~NTTデータ

■事例4

POSと連携したスマートフォン決済で加盟店の販売管理をスムーズに
リアルとネットをサポートし、加盟店のO2O展開を支援
~ゼウス

■事例5

 企画から設計、センターまで自社で構築したスマートフォン決済ソリューション「PAYGATE」
接触ICカード、銀聯、NFC決済に対応した「PAYGATE AIR」も投入へ
~ロイヤルゲート

■事例6

イヤフォンジャック型の磁気リーダと独自アプリの開発で差別化を図る
クレジット決済に加え、POSやポイントカードシステムとの連携も可能に
~日本ポステック

■事例7

JTBと共同で訪問先でのセキュアなスマートフォン決済を検証
新たな決済インフラとしてスマートフォンやタブレット決済に注目
~三井住友カード

■ペイメントナビメールマガジン読者の方には先行配信を実施予定です。ぜひ、ご登録をお願いします(登録サイト)。

page toppagetop