スプリントがGoogleから離脱か(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2012年6月21日9:00

Googleウォレットのパートナーの1社、通信キャリアのスプリントがGoogleウォレットを使わず、独自サービスを考えていることがわかった。

米国モバイル決済ではAT&T、T-Mobile、Virizonの3社ジョイントベンチャーであるアイシス(isis)に対し、スプリントがGoogleと組んで戦うという構図だったが、スプリントが独自路線を選択したようだ。

スプリントが企画しているのが「タッチウォレット(Touch Wallet)」である。すでに銀行やサービスプロバイダーのシークエントソフトウェア(Sequent Software)と協業しているという。

スプリントは参加パートナーの管理や、セキュリティ対策、APIの配布方法、開発を自社でスピーディに決められるようになる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop