復興支援・住宅エコポイント事業の交換商品として「省エネ家電交換ギフト券」を発行(JCBなど)

2012年7月20日17:13

ジェーシービーは、エディオン、ケーズホールディングス、コジマ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ベスト電器、ヤマダ電機、ヨドバシカメラと提携し、2012年7月20日から、提携企業が販売する省エネ・環境配慮型商品の購入の際に利用が可能な「省エネ家電交換ギフト券」を発行し、国土交通省、環境省および協力:経済産業省が実施する「エコポイントの活用による環境対応住宅普及促進事業」の交換商品として提供を開始した。

対象商品を告知するロゴのイメージ(出典:JCBなどのプレスリリース)

復興支援・住宅エコポイント事業は、地球温暖化対策の推進に資する住宅の省エネ化、住宅市場の活性化、東日本大震災の被災地復興支援を図るため、省エネ性能の高い住宅の新築または環境対応住宅とするための改修に対して、「復興支援・住宅エコポイント」を発行し、そのポイントとさまざまな商品等を交換できるようにする事業として、国土交通省、環境省および経済産業省(協力)が、2011年度より実施しているものである。

JCBは、同事業への公募により、2012年3月に「復興支援・住宅エコポイント」と交換できる商品の提供事業者(「交換事業者」)として採択されており、省エネ・環境配慮型商品などの購入が可能なギフト券の発行を行っている。7月20日から新たに発行を開始する省エネ家電交換ギフト券は、エディオン、ケーズ、コジマ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ベスト電器、ヤマダ電機、およびヨドバシカメラにて販売する省エネ・環境配慮型商品(対象条件を満たすエアコン・冷蔵庫・テレビ・照明器具)の購入の際に利用が可能だ。

なお、商品券の額面は5,000円で有効期限は2016年1月31日までとなる。

page toppagetop