それでも伸びるデビットカード(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2012年8月31日9:00

2011年10月1日、米国ではデビットカード発行会社にとって厳しい規制が施行された。カード発行会社向けの収益源となるインターチェンジ手数料に上限規制がかかったのである。

資産規模が100億ドルを超える金融機関が規制の対象だが、バンクオブアメリカやチェイス、ウェルズファーゴ、シティなどの大手は、この規制強化によってデビットカード収益が大きく落込んだ。

カード発行会社にとってデビットカードは厳しい状況が続くが、消費者のデビットカード利用は増えている。

米国でデビットカードを利用している消費者は76%。2010年は73%だったから、着実に伸びている。稼動顧客のデビットカード年間利用金額は2011年で8,326ドル。前年は7,781ドルだった。

デビットカード市場は小額決済での利用が増えている。デビットカードの平均利用額は1件につき38ドル。中央値は19ドルだ。10ドル以下のトランザクションは全体の30%強となっている。

消費者にとって、デビットカードは生活に欠かせないものとなっている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop