充電インフラシステムサービス「smart oasis」を提供、共通ポイントも付与(日本ユニシス)

2012年10月16日18:30

日本ユニシスは、観光地でEVを利用する旅行者向け充電サービス事業に、充電インフラシステムサービス「smart oasis(スマートオアシス)」を提供開始すると発表した。

「おでかけCard」webサイト」(出典:日本ユニシスのWebサイト)

日本ユニシスは、2011年12月1日から、EV観光の本格的な普及に向けて、JTB法人東京とEV旅行者向けの充電インフラの整備、充電サービスの提供、EV観光の情報提供などの分野で協業している。今回、同充電サービス事業を本格展開するため、EV旅行者が観光地などの目的地で充電サービスを利用できる「おでかけCard」を発行し、日本ユニシスの「smart oasis」にて充電サービスの利用者認証、課金・決済や充電スタンド情報の配信を行う。

全国の観光地では、EVを観光振興や低炭素な地域交通による観光の実現に活用しようとする取り組みが始まっている。同充電サービス事業は、JTBグループが企画する観光地でのEV利用をセットにした宿泊プランやEVレンタカー、EVカーシェアリングなどの交通サービスとの連携によって、EVの活用による、クリーンでエコな新しい旅のスタイルの普及を目指し行うものである。同事業のはじめとして、栃木県の那須では9月21日から、EVの無料レンタルサービス付きの宿泊プランと宿泊施設での充電サービスを提供している。

また、同カードで利用可能な充電施設は、レジャー施設や宿泊施設などの目的地での充電サービスのほか、EV旅行者が移動途中で利用する充電サービス(経路充電サービス)になりる。同充電サービス事業では、経路での充電サービスを提供する事業者との連携を進めるとともに、静岡県伊豆エリア、栃木県那須エリアをはじめとして、観光・宿泊施設への充電スタンド整備を進め、EV旅行者向けの充電インフラネットワークを構築している。

今後、EV旅行者は同カードを利用して、観光地での食事や観光の合間に充電をすることが可能となる。また、観光地は、充電を目的としたEV旅行者の誘客や、充電による時間消費を観光消費に結びつけることができるという。

同カードに付帯するポイント付与機能には、サイモンズの共通ポイントを採用している。充電サービスの利用によって貯められたポイントは、サイモンズポイントに加盟する約1,200の実店舗と約1,500のサイトで利用可能だ。

なお、同カードにはカード会費として月額735円が必要となり、課金・決済は、別途クレジットカードを通して行われる。

page toppagetop