「ドラッグイレブン」に電子マネー「SUGOCA」と「楽天Edy」を導入(JR九州ドラッグイレブン)

2012年11月29日19:31

JR九州ドラッグイレブンと、JR九州および楽天Edyは、ドラッグストア「ドラッグイレブン」に電子マネー「SUGOCA」と「楽天Edy」を導入し、2012年12月1日から全店舗(11月29日時点178店舗)で利用を開始すると発表した。nimoca、はやかけん、Suica、TOICA、ICOCAの各電子マネーの利用も可能となる。

ドラッグイレブンは、九州・沖縄全域で約180店舗を展開するドラッグストアである。今回は、全店舗に電子マネー決済用のPOS連動型共用端末を導入し、SUGOCAと楽天Edy決済に対応した。ドラッグイレブンでは、2008年以降、両決済を一部店舗で導入していたが、年々、電子マネーの普及が進み、ユーザーの多様化した決済ニーズに応えるのと同時に、店頭でのよりスムーズな決済とオペレーションの向上を期待し、今回の導入に至ったという。

page toppagetop