バチカンでカード禁止の波紋(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2013年1月17日9:00

カトリック教会の総本山であるバチカンで、2012年12月31日以降、カードが使えなくなった。バチカン美術館や土産物売場、その他のサービスでも現金決済だけになった。

システム障害ではない。イタリア中央銀行が、バチカン市国での電子決済を禁止したのである。それまではドイツ銀行イタリアが15年間カード決済業務を担ってきた。

なぜ電子決済を禁止したのか。それはバチカン教皇庁が欧州連合のマネーロンダリング禁止規定に準拠していないからである。イタリアの銀行は欧州連合の一員として規定を守る責任から、カード決済を含む電子決済を中止した。

その結果、現金をもたずに訪れた観光客は、ATMを探して混乱をきたし、美術館などへの入場にも手間取って長蛇の列となった。

キャッシュレスの効用は、バチカン市の現金決済騒動で明らかになった。マネーロンダリング対策は各国の重要なテーマとなっている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop