エアアジア・ジャパンが航空券の購入にウェルネットの電子決済サービスを導入

2013年1月22日13:17

エアアジア・ジャパンは、2013年1月23日から、ウェルネットの「電子決済サービス(マルチペイメントサービス)」を導入し、航空券購入代金の支払方法を拡充すると発表した。

ウェルネットの電子決済サービスは紙の請求書を使わず、また金融機関や代行業者との個別契約を必要としない電子請求・電子決済サービスとなる。これまでエアアジア・ジャパンの航空券は、Webサイトを通じて、クレジットカード決済で購入が可能であったが、今回のサービス導入に伴い、全国のコンビニエンスストアやネットバンクを含む金融機関などでも航空券(JW便)の購入が可能になる。

なお、コンビニエンスストアでは、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルK サンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキ(ヤマザキデイリーストア)、金融機関では全国約1,200のネットバンク、モバイルバンクで利用が行える。

page toppagetop